韓 行徳 HAN Haeng-Duk

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • アカバネウイルス感染培養細胞の光学および螢光顕微鏡的観察 (短報)

    布谷 鉄夫 , 宮本 英朗 , 行徳 , 田島 正典

    アカバネウイルスの培養細胞における増殖の特徴を増殖曲線, 螢光抗原およびCPEの消長を観察することによって調べた. 細胞相ウイルス価は約6時間の潜伏期の後直線的に上昇し, 液相ウイルス価も感染後30時間目まで並行して上昇した. 螢光抗原は細胞相ウイルス価の上昇に一致して細胞質内に出現した. CPEは細胞内抗原量が最高となる感染後30時間目から明らかとなり, ウイルスの増殖と密接に関連して出現した.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 42(2), 253-257, 1980

    J-STAGE

ページトップへ