木下 邦明 KINOSHITA Kuniaki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Pathogenicity of sendai virus in mice cage-mated with infectors and their offsprings.

    中川 雅郎 , 斎藤 学 , 木下 邦明 , 鈴木 映子 , 今泉 清

    センダイウイルスのマウスに対する病原性と感染の経過を知る目的で, ddYおよびICR系4週齢マウスをあらかじめ本ウイルスを感染させたinfectorマウスと共にケージ内でcontactさせ, 30週間にわたって感染の推移を観察した. また同時に, これらのマウスから生まれた1代産子についても生後3週から16~18週にわたって同様な観察を行った. その結果, いずれの系統マウスも, contact後 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 42(3), 337-344, 1980

    J-STAGE DOI

ページトップへ