上与那原 寛喜 UEYONAHARA Kanki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • ブタ型インフルエンザ流行に対する血清学的研究  特にブタとヒトの流行について

    薩田 清明 , 遠藤 泰寛 , 上与那原 寛喜 , 保科 仁 , 鎌田 知能 , 古山 英夫 , 市川 洋征 , 日高 良一 , 新堀 精一 , 新島 泰樹 , 戸張 昌彦 , 武内 安恵

    1975年7月から1979年9月の間の日本の各地のブタおよびヒトから採取した血清でブタ型インフルエンザウイルスのA/NJ/8/76株に対するHI抗体の動きから, ブタ型ウイルスの流行を調査し, 次のような結果が得られた. 1)ブタの間のブタ型ウイルスの流行に著しい地域差が認められた. 2)ブタにおける流行に季節的変動の存在することが示唆された. 3)屠場関係者の間にブタ型ウイルスによる初感染を強く …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 43(4), 531-538, 1981

    J-STAGE

ページトップへ