松岡 理 MATSUOKA Osamu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Two cases of localized mastocytosis in tracheobronchial lymph nodes of the beagle.

    小木曽 洋一 , 福田 俊 , 松岡

    臨床的には著明な異常をみとめなかった2例のビーグルの気管支リンパ節に限局性の肥胖細胞症が組織学的にみとめられた. 細胞はトルイジン・ブルーでメタクロマジー陽性およびPAS弱陽性の細胞質内顆粒を有し, 成熟型の肥胖細胞で, リンパ節内で結節状の増殖を呈していた. また好酸球の著明な浸潤と膠原線維の硝子化, 細動脈壁の水腫様粗鬆化等の病変もみとめられた. そのほかの臓器およびリンパ節には肥胖細胞の増加 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 43(5), 749-753, 1981

    J-STAGE

ページトップへ