坂口 真紀子 SAKAGUCHI Makiko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • ワラビによる実験的膀胱腫瘍の組織発生

    吉川 堯 , 小山田 隆 , 吉川 博康 , 坂口 真紀子

    ワラビ(pteris aquilina)の腫瘍原性について, ラット(211例)を用いて実験的研究を行った. そして特に膀胱腫瘍について組織形態学的検討を試みた. ワラビ給与例では膀胱の他, 小腸, 皮下, 腎臓および口蓋に腫瘍の発生を認め, ワラビの著しい腫瘍原性が確認された. 組織学的に膀胱には良性から悪性性格を示す乳頭腫(60例), 移行上皮癌(9例), 腺癌(2例), 腺維腫(6例), 平 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 43(6), 875-881,885, 1981

    J-STAGE

ページトップへ