小西 辰雄 KONISHI Tatsuo

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Eperythrozoon ovis の走査電顕および透過電顕による観察

    一条 茂 , 細川 暁 , 金 徳煥 , 小西 辰雄

    Eperythrozoon ovis 人工感染緬羊の血液と骨髄液の電顕学的観察により, 本虫体は大きさ 0.2-0.6μm の桿状およびリング状の寄生体で単層の限界膜を有し, 内部にリボゾームに類似した顆粒を密に含有することを知った. また, 虫体の周辺部には糸状構造物を持ち,それを介して付着する像を認めた. 骨髄液の検索により, E. ovis は骨髄で増殖して赤芽球の時期からすでに寄生すること …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 44(1), 127-129,132, 1982

    J-STAGE

ページトップへ