猪股 智夫 INOMATA Tomoo

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Development of the external genitalia in bovine fetuses.

    猪股 智夫 , 江口 保暢 , 山本 雅子 , 浅利 昌男 , 鹿野 胖 , 望月 公子

    ウシ胎仔外生殖器, とくに陰唇の形成と外生殖器の性分化について, 実体顕微鏡を用いて観察した. 陰唇の形成について-尿生殖ヒダは, 体長(CRL) 33cmぐらいの時期までに, 生殖結節をほとんど被うように発達して陰唇 (ヒ卜でいう小陰唇に相当) となった. 生殖隆起, すなわち, ヒトでいう大陰唇となるものは, 体長の増加にともなって頭方へ移動し, 体長が 10cm になるころに生殖結節の頭方, …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 44(3), 489-496, 1982

    J-STAGE DOI

ページトップへ