大島 正尚 OSHIMA Masaharu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 電気伝導度分房間差値によって観察した一牛群の潜在性乳房炎とその動態について

    大島 正尚

    試験場の牛群を対象として, 2年半にわたり前搾り乳の伝導度測定値 (25℃, 10<SUP>-4</SUP> S) にもとづく伝導度分房間差値 (10<SUP>-4</SUP> S, 以下間差値) によって潜在性乳房炎の調査を行なった. 1. 1泌乳期を通じて分房ごとに間差値の頻度分布を調べ間差値平均を求めそれをクラス分けして障害の程度を分類した. …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 44(6), 1007-1019, 1982

    J-STAGE

ページトップへ