勝田 修 KATSUTA Osamu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Chediak-Higashi症候群罹患黒毛和種牛1例の病理像(短報)

    梅村 孝司 , 勝田 , 御領 政信 , 林 隆敏 , 板倉 智敏

    14カ月齢の雌黒毛和種牛1例にChediak-Higashi症候群を認めた. 臨床的には発育遅延, 皮膚ならびに被毛の脱色, 末梢白血球における異常顆粒形成を示し, 病理学的には,骨髄白血球における細胞質内顆粒の減少, 大型化, あるいは異常顆粒の出現, 皮膚および眼球のメラニンの減少, 腎尿細管上皮細胞および脳幹の神経細胞における色素沈着, および諸臓器・組織における慢性炎症巣の多発がみられた.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 45(2), 241-243,246, 1983

    J-STAGE

ページトップへ