白須 泰彦 SHIRASU Yasuhiko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Auricular cystic lesions of the external ear in sprague-dawley rats.

    榎本 秋子 , 原田 孝則 , 真板 敬三 , 白須 泰彦

    18週齢のSD系ラット耳介に嚢胞性病変が散見された. 同病変は雌(1/15例)よりも雄(11/18例)に好発し, 重症例では肉眼的にも耳介部の腫脹が認められた. 組織学的には軟骨内において, 限局性変性・壊死, 亀裂・嚢胞形成および補腔性の肉芽組織や再生軟骨の増生など, 種々の段階の変化が認められた. しかし, 軟骨周囲組織には著変がなかったことから, 本病変は耳介軟骨の壊死性変化に起因する嚢胞性 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 45(5), 695-698, 1983

    J-STAGE DOI

ページトップへ