韓 相セフ HAN Sang-Seop

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Immune responses to Babesia rodhaini in rats.

    相セフ

    B.rodhaini 感染耐過ラットについて, マウスへの虫体回収実験, 摘脾の影響, 攻撃感染に対する反応を検討した結果, 次の成績が得られた。(1)血液・脾・肝・骨髄・脳の乳剤をマウスに接種したところ, 耐過後3週間は虫血症が潜在的に持続していた。(2)耐過後3週間までは摘脾により再発病することがわかった。(3)耐過後少くとも1年間はラットは寄生マウス赤血球8×10<SUP>8&l …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 46(2), 197-201, 1984

    J-STAGE DOI

ページトップへ