小俣 吉孝 OMATA Yoshitaka

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Interferon production in non-immune and immune mice after toxoplasma infection.

    小俣 吉孝 , 桜井 治久 , 出雲 章久 , 斎藤 篤志 , 鈴木 直義

    Balb/cマウスにトキソプラズマ (Tp) 強毒RH株を腹腔内接種し, 接種後120時間までの血清および一部の腹水についてインターフェロン (IFN) 活性を測定した。IFNはTp接種後24時間にのみ検出された。弱毒S-273株腹腔内接種マウスでも, 同様の結果が得られ, このIFNは regular (α+β)-IFN と推定された。一方, Tp弱毒株接種後2週にTp溶解抗原 (TLA, 10 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 46(2), 155-165, 1984

    J-STAGE DOI

ページトップへ