北村 和之 KITAMURA Kazuyuki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Vitamin D2-induced arteriosclerosis in spontaneously hypertensive rats and protection by diltiazem, a calcium antagonist.

    岩崎 仁 , 北村 和之 , 土井 邦雄 , 岡庭 梓

    320,000単位のビタミンD<SUB>2</SUB>を高脂肪食飼育の雄SHRに4日間投与することにより, 大動脈壁にはいわゆる Monckeberg 型の動脈硬化症が惹起された。大動脈周囲脂肪組織や脳硬膜下組織をはじめ全身性に著明な出血がみられた。ビタミンと同時に抗Ca剤 diltiazem (60, 2×60, および120 mg/kg/日) を7日間にわたって経口投与 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 46(3), 323-330, 1984

    J-STAGE DOI

ページトップへ