島倉 省吾 SHIMAKURA Seigo

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Prevalence of Chlamydia psittaci in imported psittacine birds from 1981 to 1983.

    平井 克哉 , 福士 秀人 , 岩田 吉弘 , 小川 幸哉 , 津久美 清 , 島倉 省吾

    1981年4月から1983年5月の3年間に, 某輸入業者が諸外国から輸入し, 搬入後2週間以内に斃死または衰弱したオウム・インコ類377羽中266羽(70.5%)からクラミジアが分離された。分離率は1981年77.5%(131/169), 1982年49.1%(25/55)および1983年70.6%(108/153)であった。特に, ホンセイ, コセイ, ダルマおよびボウシインコから高率に分離され …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 46(6), 929-931, 1984

    J-STAGE

ページトップへ