重久 保 SHIGEHISA Tamotsu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Toxin production by Clostridium botulinum types A and B in unpasteurized cured meat products held at 15 and 27.DEG.C.

    重久 , 小崎 俊司 , 阪口 玄二

    豚ロース肉に食塩を3%あるいは6%と亜硝酸ナトリウムを0.02%加えて塩漬し, 燻煙・乾燥して非加熱ハムを試作し, ボツリヌス菌A型およびB型芽胞を接種して15℃ または 27℃で56日間保存した。食塩3%で調製した非加熱ハムを15℃保存の場合には毒素は産生されなかったが, 27℃保存の場合には7日以降 400 mouse ip MLD/g以下のA型毒素が検出された。一方, 食塩6%で調製した非加 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 46(6), 917-920, 1984

    J-STAGE

ページトップへ