中上 辰芳 NAKAGAMI Tatsuyoshi

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Destruction of salmonellae, Escherichia coli, and Staphylococcus aureus inoculated into and onto beef during dry-oven roasting.

    重久 保 , 中上 辰芳 , 太治 司郎 , 阪口 玄二

    牛肉塊の表面と内部にサルモネラ, 大腸菌, ブドウ球菌を接種し, 肉塊中心部が52°, 54°, 57℃になるまで110゜, 120゜, 130℃に設定した対流型オーブンで加熱して, ローストビーフを調整した. 120℃以上のオーブン温度で中心温度が57℃になるまで加熱した場合は, サルモネラ, 大腸菌, ブドウ球菌のいづれも検出されず, 品質特性も良好であった. このような成績から, 表面加熱を …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 47(2), 251-257, 1985

    J-STAGE DOI

ページトップへ