城戸 靖雅 KIDO Yasumasa

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • The serial biopsy technique for estimation of drug residue in calf kidney using gentamicin as a model drug.

    高橋 雄二 , 城戸 靖雅 , 直井 昌之 , 小久江 栄一

    ゲンタマイシン(GM)1mg(力価)/kgを12頭の去勢子牛に1日2回, 1週間経口投与し, 連続腎臓生検により, 経時的にGM濃度をGM・RIAキットで測定した. 3頭については最終投薬後3時間, 3日, 10日, 15日に, 合計3または4回, 組織を採取した. さらに20日に1頭, 30日に2頭を屠殺解剖して腎臓組織を採取した. 用いた測定法による回収率は95%以上, 20mgの組織で0.0 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 47(2), 179-183, 1985

    J-STAGE

ページトップへ