林 俊春 HAYASHI Toshiharu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Role of T cells in feline infectious peritonitis virus infection of suckling mice.

    竹之内 俊 , 網 康至 , 俊春 , 藤原 公策

    FIPウイルスを14日齢のヌードマウス(nu/nu)およびヘテロマウス(nu/+)に脳内接種すると, nu/nuはnu/+にくらべて高い死亡率を示した. nu/+マウス脾T細胞を移入することにより, nu/nuの死亡率は低下し, 抗胸腺細胞抗血清処置nu/+の死亡率は無処置の場合より高かった. 血清抗体は間接蛍光抗体法により全例において陰性であった.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 47(3), 465-468, 1985

    J-STAGE DOI

ページトップへ