大木 与志雄 OKI Yoshio

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Induction of alimentary diabetes and insulin responses to glucose in Microtus arvalis Pallas.

    新井 敏郎 , 佐々木 稔 , 大木 与志雄 , 米田 嘉重郎

    草食性ハタネズミの新生仔(204匹)をマウスに授乳させ, 離乳後, 低線維・高炭水化物食のマウス用ペレットのみで飼育すると, 約50%の個体に高血糖を伴なう食餌性糖尿病が誘発された. 糖尿病例では, 前胃pHおよび発酵能が著しく低下し, かなりの量の食餌が未発酵のまま十二指腸ヘ送られ, 炭水化物が分解され, グルコースの形で吸収されて高血糖が誘発されるものと推察された. 正常ハタネズミでは, グル …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 47(4), 603-610, 1985

    J-STAGE DOI

ページトップへ