臼井 和哉 USUI Kazuya

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • A histochemical study of alkaline phosphatase of the kidney in bovine fetuses and calves.

    宮澤 清志 , 友田 勇 , 臼井 和哉

    ウシ腎臓アルカリホスファターゼ(ALP)の存在部位ならびに腎機能との関係について検索するため, ウシ胎仔ならびに出生直後の仔ウシ腎臓を摘出し, 酵素組織化学的に観察した. 胎仔の腎臓ALP活性は尿細管腔内に, わずかに認められた. 出生後尿細管腔は拡大し, 24時間までALP活性は漸増した. ALP活性は, 尿細管上皮細胞の刷子縁に局在し, 出生後時間の経過とともに細胞質内にも観察された. 以上の …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 47(6), 895-900, 1985

    J-STAGE

ページトップへ