中永 和枝 NAKANAGA Kazue

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Ascitic disease in ICR-nude mice due to mouse hepatitis virus.

    柳澤 利彦 , 中永 和枝 , 久和 茂 , 藤原 公策

    BALB/c, C3H/He, DDD, ICRを背景とするヌードマウスについて, MHV-NuU感染による腹水症の発現について検討した。腹水症はICR-ヌードマウスのみでみられ, 発病は週齢に依存し, 8-13週齢で高率であった。ICR-ヌードマウスでは大網でのウイルス価お上びIgG, IgM抗体価ともにBALB/c-, DDD-ヌードマウスとくらべて高かった。腹水症例では接種後2週から腹水貯溜 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 48(1), 7-14, 1986

    J-STAGE

ページトップへ