鍵山 直子 KAGIYAMA Naoko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Spontaneous medulloblastoma with myoblasts in a Sprague-Dawley rat.

    代田 欣二 , 伊藤 豊志雄 , 鍵山 直子

    14週齢のSprague-Dawleyラットに小脳原発腫瘍を認めた。腫瘍組織は細胞密度が著しく高く, クロマチンに富む核あるいは胞状核を持ち細胞質に乏しい小型の未分化細胞よりなっていた。核分裂像は頻繁に認められ, 腫瘍細胞の充実性の集塊はしばしば細い血管・結合織によって区画されていた。腫瘍の1力所には多数の筋芽細胞が認められ, この腫瘍を髄芽細胞腫の特殊型である髄筋芽腫と診断した。

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 48(2), 409-411, 1986

    J-STAGE

ページトップへ