藤原 公策 FUJIWARA Kosaku

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Effect of reticuloendothelial system blocking on Tyzzer's disease of mice.

    中山 裕之 , 二井 愛介 , 荻原 定彦 , 井上 智 , 岡田 信彦 , 藤原 公策

    摘脾, カラギーナン, シリカ, 墨粒処置などで網内系機能を抑制することにより, マウス Tyzzer病は増幅された。摘脾の効果は接種7日前より3日前が大きく, カラギーナンなどの処置は接種翌日処置にのみ効果がみられた。無処置の無胸腺ヌードマウスでは感染増強はみられなかった。しかし, 接種6日前に摘脾, さらに接種翌日にカラギーナン処置したヌードマウスでは感染増強がみられた。

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 48(2), 211-217, 1986

    J-STAGE

ページトップへ