鈴木 恭 SUZUKI Kyo

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Immunoglobulin M and G immune response to Leucocytozoon caulleryi in chickens.

    磯部 尚 , 鈴木

    ペルオキシンダーゼ標識抗鶏IgM (μ) 抗体及び抗鶏IgG (Fc) 抗体を作製し, Leucocytozoon caulleryi感染鶏におけるクラス別抗体応答についてELISAを用いて調べた。実験感染鶏血清においてIgM抗体はスポロゾイト (Sp) 接種後10日から検出され始め, Sp接種後3週で最も高い値を示した後, 漸次低下し, 以後低いレベルで推移していた。一方, IgG抗体はSp接種 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(2), 333-339, 1987

    J-STAGE DOI

ページトップへ