中澤 素邦 NAKAZAWA Motokuni

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Histopathology of hepatocystosis in cynomolgus monkeys (Macaca fascicularis) imported from Southeast Asia.

    中澤 素邦 , 谷山 弘行 , 奈良間 功 , 小野 威

    東南アジアから輸入された18頭のカニクイザル (Macaca fascicularis)に見られたhepatocystisの肝病変について病理組織学的検索を行い, 病理発生について考察を試みた。肝臓のみに認められた病変はhepatocystisの生活史のうちの赤血球外性のシゾゴニー期を示すものであった。それはメロシストの形成とメロゾイトの放出, そしてこれに肝組織の退行性および進行性の変化を伴うも …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(2), 295-301, 1987

    J-STAGE DOI

ページトップへ