野川 浩正 NOGAWA Hiromasa

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Plasmids and lack of pathogenicity of Yersinia enterocolitica isolated from wild-living birds, Japanese serows and environmental specimens.

    田中 まゆみ , 中村 政幸 , 加藤 行男 , 大前 憲一 , 野川 浩正 , 小川 益男

    野鳥, カモシカおよび環境由来Yersinia enterocolitica 67株について, プラスミドの保有状況とその病原性との関連を調べた。23株がプラスミドを保有していたが, その大きさは様々で, 病原性に関与しているものは認められなかった。なお, 4株からは, 病原性株の有するプラスミドと同じ大きさのプラスミド (約44メガダルトン) が検出されたが, それらの制限酵素による切断パターン …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(3), 511-513, 1987

    J-STAGE DOI

ページトップへ