江口 保暢 EGUCHI Yasunobu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Ultrastructural changes in the thyroid follicular cells following encephalectomy or hypophysectomy in fetal rats.

    江口 保暢 , 白井 明志 , 有嶋 和義 , 山本 雅子 , 植田 安寛

    ラットの妊娠16日~19日に子宮内胎仔の除脳 (脳を吸引除去し, 下垂体はそのまま残す) あるいは下垂体除去 (脳とともに下垂体も吸引除去) を行い, 2日後の甲状腺濾胞細胞の微細構造の変化を調べた。下垂体除去胎仔では, 対照と比べて甲状腺重量は減じ, 濾胞細胞の「核/細胞」面積比が増加し、「粗面小胞体/細胞質」面積比は減少した。濾胞細胞は扁平となり, 粗面小胞体は縮小し, 濾胞腔面の微じゅう毛が …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(3), 419-426, 1987

    J-STAGE

ページトップへ