古内 進 FURUUCHI Susumu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Separation of bovine erythrocytes infected with Theileria sergenti by "Percoll-Conray" density gradient.

    八木 行雄 , 古内 , 清水 真也

    T. sergenti人工感染摘脾牛3頭から得られた血液について, パーコール・コンレイ密度勾配遠沈を行ないT. sergenti寄生赤血球の分離を試みた。T. sergenti感染牛にデキサメサゾンを投与することにより寄生赤血球数は増加し, 投与開始後, 22日以内に39.9%に達した。密度勾配遠沈により, 寄生赤血球は低比重の分画で著しく増加し, 遠沈前の平均2.1倍 (最大寄生率64.8%) …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(5), 745-750, 1987

    J-STAGE

ページトップへ