永幡 肇 NAGAHATA Hajime

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Changes in blastogenic response of bovine lymphocytes during acute clinical mastitis.

    永幡 , 野田 寛 , 安倍 健彦

    臨床型乳房炎牛10頭中5頭において, 炎症初期にリンパ球幼若化反応の著明な抑制がみられ, 乳汁中NAGase活性の低下 (回復期) に伴いリンパ球幼若化反応の回復が認められた. また, 血漿コルチゾール値は炎症初期に上昇して57.0±22.5ng/ml (mean±SD, n=3) となり, その後漸次減少し10~23日後では9.9±3.7ng/mlであった. 幼若化反応抑制の一因として炎症に関連 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(6), 1148-1150, 1987

    J-STAGE DOI

ページトップへ