後藤 直彰 GOTO Naoaki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Isolation and characterization of a new and high titer strain of feline infectious peritonitis virus.

    甲斐 一成 , 金田 佳枝 , 後藤 直彰 , 鹿江 雅光

    猫伝染性腹膜炎ウイルスの新株FIPV-HRを猫に10代継代, fcwf-4細胞培養に馴化させた. 細胞培養でのウイルス増殖はよく, 細胞付着ウイルスは4.8×10<SUP>7</SUP>PFU/ml, 培養液放出ウイルスは2.3×10<SUP>7</SUP>PFU/mlの力価を示した. ウイルス活性の半減期は37℃で180分であった.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 49(6), 1105-1111, 1987

    J-STAGE DOI

ページトップへ