松川 清 MATSUKAWA Kiyoshi

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Disseminated aspergillosis with lesions in the central nervous system in a calf.

    千早 豊 , 松川 , 古澤 幸夫 , 八田 嘉明 , 岡田 洋之 , 有沢 幸二

    過去10年間における当教室での仔牛の剖検例406例中に19例の深在性真菌症を認めた,そのうちアスペルギルス症の1例の中枢神経,腎臓,心臓,気管支リンパ節および末梢神経に播種性病巣が認められ,原発巣は肺が考えられた. さらに消化器系アスペルギルス症およびムコール症を伴っていた. 早産による虚弱体質,出生時の股関節脱臼,抗生物質およびデキサメサゾンの投与による感染への抵抗性の低下が真菌感染の前駆要因と …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 50(1), 131-137, 1988

    J-STAGE DOI

ページトップへ