小林 好作 KOBAYASHI Kousaku

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Some physiochemical properties of serum and tissue alkaline phosphatases from normal and several disease-model dogs.

    藤瀬 浩 , 平井 幸子 , 堀井 康市 , 小川 絵里 , 小林 好作

    正常成犬血清, 小腸, 肝臓, 骨, 腎臓および子犬血清アルカリホスファターゼ(ALP)の諸性質を, 各種疾患モデル犬血清ALPと比較した. 1ヶ月齢子犬の血清ALP活性は成犬の4.7倍を示した. 各ALPの至適pHは, 小腸で9.9,その他の組織および正常血清では10.1であった. 56℃20分間熱処理で, 小腸ALPは安定であったが, 他のALPでは活性が半減し, 熱安定性は小腸>> …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 50(3), 769-776, 1988

    J-STAGE DOI

ページトップへ