小出 英興 KOIDE Fusaoki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Effect of Lactobacillus casei: Formation of interferon and macrophage activating factor in mice in vivo.

    桑原 正人 , 小坂 俊文 , 田中 茂男 , 池田 忠生 , 林 圭子 , 小出 英興

    マウスの移植腫瘍に対して抗腫瘍効果を示す乳酸菌Lactobacillus casei YIT9018 (LC-9018)の免疫機能に及ぼす作用機構について検討を行った。マウスにLC-9018を腹腔内投与後24~48時間には, 主としてγ型と推定されるインターフェロン(IFN)が血中に検出され, 48~96時間にはマクロファージ活性化因子(MAF)が検出された. LC-9018の連続投与により脾マク …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 50(3), 665-672, 1988

    J-STAGE DOI

ページトップへ