大木 与志雄 OKI Yoshio

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Changes of glycolytic enzyme activities and plasma insulin levels in diabetic herbivorous voles and KK mice.

    新井 敏郎 , 望月 真理子 , 大木 与志雄

    正常ハタネズミ, KKマウスの肝解糖系酵素(グルコキナーゼ, ピルビン酸キナーゼ)活性は, C57BLマウスのそれのそれぞれ1/4, 1/2であった. 濃厚飼料を給与した糖尿病ハタネズミでは解糖系酵素活性は, 糖尿病初期にはインスリン分泌の増加にともない正常値の2倍を示し, 末期にはインスリン分泌が著しく低下して欠乏状態に陥り, 解糖系酵素活性は正常の1/2以下になった. 尿糖陰性の若齢KKマウス …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 50(4), 859-864, 1988

    J-STAGE DOI

ページトップへ