中村 経紀 NAKAMURA Tsunenori

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Vascular architecture of N-methyl nitrosourea-induced rat papillary adenoma demonstrated by scanning electron microscopy of resin casts.

    二宮 博義 , 中村 経紀

    SD系ラットにN-Methyl Nitrosoureaを投与して乳頭状腺腫を誘発させ, 線腫の血管系を立体的に観察した. 方法はアクリル系樹脂を左心室より注入して樹脂鋳型標本を作成し走査型電子顕微鏡(SEM)で観察した. さらに別のラットには墨汁を注入し透明標本を作成しSEM所見と対照した. 組織学的には, 腫瘍は立方あるいは円柱形の上皮細胞群からなる胞巣と, その周囲の豊富な結合組織で構成されて …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 50(5), 1065-1073, 1988

    J-STAGE DOI

ページトップへ