並河 和彦 NAMIKAWA Kazuhiko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Daily efficacy variation of diminazene diaceturate in mice infected with Babesia rodhaini.

    須永 藤子 , 並河 和彦 , 菅野 康則

    Babesia rodhaini感染マウスに対して感染72時間後の0時, 4時, 8時, (以上暗期), 12時, 16時, 20時 (以上明期)にdiminazene diaceturate 9.5mg/kgを1回投与すると, 投与後7日目の生存率は明期投与群に高く, 暗期投与群に低くなる傾向が認められ, 特に, 明期の12時投与群の生存率は67.4%であったのに対し, 暗期の4時投与群は16. …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 50(5), 1131-1132, 1988

    J-STAGE DOI

ページトップへ