笠原 力 KASAHARA Tsutomu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Clinical and biochemical findings in bovine cerebrocortical necrosis produced by oral administration of amprolium.

    笠原 , 一条 茂 , 納 敏 , 更科 孝夫

    ウシ大脳皮質壊死症の発病機序と早期診断の参考所見を得る目的で,健康な子牛2頭3例を用い,アンプロリウムの経口投与により実験的に大脳皮質壊死症を作出した.日量321~418mg/kgのアンプロリウム投与で,3例は27~49日後に運動失調,間代性痙攣,起立困難,弓なり緊張などの中枢神経症状を発した.剖検では大脳皮質の広範囲な巣状壊死巣を認め,大・小脳を含むチアミン量の著名な減少が特徴所見であった.また …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(1), 79-85, 1989

    J-STAGE

ページトップへ