元井 葭子 MOTOI Yoshiko

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Plasma prolidase activity as a possible diagnostic index of chronic hepatic abscess in cattle.

    元井 葭子 , 竹内 正太郎 , 宮本 亨 , 新林 恒一 , 長沢 成吉

    Fusobacterium necrophorum (F. necrophorum)接種による肝膿瘍発症実験牛8頭と野外発症牛18頭を用い,肝膿瘍慢性化診指標としての血漿プロリダーゼの有用性を検討した.剖検時に膿瘍が存在した4頭の実験牛のうち3頭のプロリダーゼ活性は,菌接種後40日で増加しはじめ,90日まで高活性を持続した.またシアル酸濃度は菌接種後7日から10日にかけて増加しはじめ,50日後には …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(1), 44-51, 1989

    J-STAGE DOI

ページトップへ