児玉 和夫 KODAMA Kazuo

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Characterization of a Parvovirus isolated from the diarrheic feces of a pig.

    安原 寿雄 , 松井 修 , 平原 正 , 扇谷 年昭 , 田中 雅之 , 児玉 和夫 , 中井 正久 , 佐々木 文存

    1985年,2月,某大規模養豚場に発生した下痢症例において,繁殖母豚の下痢便より豚甲状腺初代培養細胞に円形化細胞変性を示す因子が分離された.分離ウイルスはIUdR存在下でその増殖が阻害され,エーテル,熱,酸の各処理に抵抗性を示した.感染培養液中には電顕により27nmの粒子が認められ,塩化セシウム密度勾配による浮上密度は1.40g/mlであった.SDS-PAGEにより,ウイルス蛋白は分子量81k,7 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(2), 337-344, 1989

    J-STAGE

ページトップへ