酒井 康宏 SAKAI Yasuhiro

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Induced ovulation in cats using porcine pituitary gland preparation during the non-breeding season.

    筒井 敏彦 , 酒井 康宏 , 松井 安弘 , 佐藤 政範 , 山根 一真 , 村尾 育子 , Stabenfeldt George H.

    猫の非繁殖期にFSH製剤(FSH-P)で発情誘起を行い, この場合の交配によって受精および妊娠の成立の可能性を検討した. また, 胚移植を前提として, 下行性子宮灌流法によって, 卵回収の可能性も検討した. 実験猫は19頭で, 発情誘起はFSH-Pを初日2mg, 翌日から発情の認められるまで1mgを投与して行った. その結果, 発情は初回投与から3~8日に15/19頭, 89.5%に認められた. …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(4), 677-683, 1989

    J-STAGE

ページトップへ