清宮 幸男 SEIMIYA Yukio

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • A case of cerebrocortical necrosis in a sheep.

    清宮 幸男 , 伊藤 博 , 大島 寛一

    6歳齢の去勢羊が起立不能, 視力障害, 間欠性痙攣を示し死亡した. 肉眼的に, 大脳皮質領域に巣状の帯黄色病巣の多発が両側性に観察された. 組織学的に, 大脳皮質領域に神経細胞の乏血性変化, 血管および神経細胞周囲の水腫性拡張および神経網の疎性化が認められた. 発症までの3か月に行われた頻繁な飼料の切り替えが本症発生にかかわっていたのではないかと疑われた.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(5), 1075-1077, 1989

    J-STAGE DOI

ページトップへ