谷口 稔明 TANIGUCHI Toshiaki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Pathogenicity of a reovirus type 2 in suckling mice: Insulitis and lymphoid atrophy.

    小野寺 節 , 谷口 稔明 , 吉原 一浩 , 佐藤 真澄 , 本間 惣太

    2型レオウイルスBN-77株を接種された2-3日齢NCマウスでは, 胸腺および膵臓におけるウイルスの増殖は観察されなかったが, 膵臓においてはウイルス増殖がみられ, 10<SUP>5</SUP>pfu/膵に達した. 膵島には膵島炎がみられたが, 外分泌細胞の変化は観察されなかった. 軽度の肝炎, 肺炎および心筋炎と, 全身リンパ組織における重度の萎縮が観察された.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(5), 1071-1074, 1989

    J-STAGE

ページトップへ