畔高 政行 AZETAKA Masayuki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Large and small plaque variants of canine adenovirus 2 isolate.

    遠矢 幸伸 , 畔高 政行 , 高橋 英司 , 小西 信一郎

    イヌアデノウイルス2型分離株には, MDCK細胞において大・小のプラックを形成する変異株が混在していた. 両変異株は血清学的に区別されなかったが, 犬腎培養細胞における増殖曲線を比較したところ, 感染後40時間以上経過しても大プラック変異株の細胞外ウイルス量は, 小プラック変異株のそれの1000倍以上であり, プラックサイズと細胞外ウイルス量の関係が示唆された.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(6), 1267-1269, 1989

    J-STAGE

ページトップへ