土谷 稔 TSUCHITANI Minoru

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Yolk sac carcinoma in a B6C3F1 mouse.

    勝田 修 , 田子 穣 , 山岸 保彦 , 土谷

    卵巣原発の卵黄嚢腫瘍を病理学的に検索した. 光顕的にはPAS染色強陽性の豊富な硝子様基質と, その中に包埋されたような腫瘍細胞を特徴としていた. 腫瘍細胞には類円形を呈する小型細胞とトロホブラスト様巨細胞が認められた. これらは, 両染性で微小空胞状の細胞質とクロマチンに富む核を有していた. また免疫組織化学的にAFP陽性と陰性の細胞が認められた. 電顕的には腫瘍細胞内で粗面小胞体の著しい拡張が認 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 51(6), 1235-1238, 1989

    J-STAGE

ページトップへ