山内 一也 YAMANOUCHI Kazuya

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Detection of v- and c-erbB oncogene mRNA in cultured cells by in situ hybridization.

    池田 敏男 , 吉川 泰弘 , 山内 一也

    in situハイブリダイゼーションによりAEV感染細胞及び株化細胞でerbB遺伝子のmRNAの検出を試みた. 細胞の前処理とハイブリダイゼーション溶液中のデキストランサルフェイトが感度の上昇に有効であった. 銀粒子は細胞質に検出され, DNaseI処理しても検出された. RNaseA処理およびコンペティションアッセイでは検出されないことにより銀粒子はmRNAとプローブのハイブリッドに特異的である …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(1), 175-178, 1990

    J-STAGE DOI

ページトップへ