武下 政一 TAKESHITA Masakazu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Outbreak of neonatal canine herpesvirus infection in a specific pathogen-free beagle colony.

    小嶋 明廣 , 藤波 不二雄 , 武下 政一 , 湊 良雄 , 山村 高章 , 今泉 和則 , 岡庭 梓

    帝王切開, 人工哺育で作出されたSPFビーグルの繁殖コロニーで, 4腹の新生仔19匹中9匹が生後10~17日で死亡あるいは瀕死期殺された. 剖検所見では腎臓の包膜下に小出血斑が密在し, 割面で楔型の出血斑が認められた. また, 肺のうっ血水腫, 肝臓のうっ血および脾腫がみられた. 肺, 肝臓および腎臓から分離された細胞病原性因子はイヌヘルペスウイルスと同定された. 飼育室内のビーグルは, 感染を境 …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(1), 145-154, 1990

    J-STAGE DOI

ページトップへ