荒木 康久 ARAKI Yasuhisa

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Drug-susceptibility and isolation of a plasmid in Haemophilus (Actinobacillus) pleuropneumoniae.

    石井 宏志 , 中曽根 由かり , 重原 進 , 本間 邦俊 , 荒木 康久 , 伊豫部 志津子 , 橋本 一

    豚の肺病巣から Haemophilus pleuropneumoniae56株を分離し, それらの株について薬剤感受性試験を実施したところ2株の耐性菌を得た. このうち1株(KH-195)は, TC単剤性であったが, プラスミドの分離はできなかった. 他の1株(KH-265)は, SMおよびSAの2剤耐性で, 約8.3Kbのプラスミド(pMS260)を保有していた. このpMS260の性状を精査す …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(1), 1-9, 1990

    J-STAGE

ページトップへ