清水 高正 SHIMIZU Takamasa

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Detection of serum antibodies against Mycoplasma gallisepticum and Mycoplasma synoviae by a dot-immunobinding technique.

    清水 高正 , 高畠 俊弘 , 加藤 正博

    M. gallisepticum (MG)及び M. synoviae (MS)の抗原を固定したdurapore膜片を作成し, ドット免疫結合(DIB)法による血中抗体の検出を試みた. MGまたはMSの生菌を気管内に接種したSPF鶏の血清中には, 1週間後から1:80~1:160のDIB抗体価が証明され, 10週間にわたりHI価より高い抗体価が維持された. 対照鶏10羽のDIB価は, 2羽の血清が …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(2), 191-197, 1990

    J-STAGE

ページトップへ