赤池 幸男 AKAIKE Yukio

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Modification of DNA by chloroethylnitrosoureas.

    赤池 幸男

    1-(1-chloroethyl)-3-isobutyl-3-(β-maltosyl)-1-nitrosourea(TA-077)の抗腫瘍作用が, in vivoに比べin vitroで劣る原因を解明する試みとして, 牛胸腺DNAのアルキル修飾作用を検討した. TA-077が他種NUと同様に, DNA修飾作用を有することから, DNA修飾において, TA-077の加水分解は必須でないと考えられる.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(2), 443-445, 1990

    J-STAGE DOI

ページトップへ