Santisteban R. SANTISTEBAN Rafael

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Relationship between plasmatic concentrations of K, Na and Ca, and ECG from foals during postnatal phase.

    Escabias M.I. , Santisteban R. , Rubio M.D. , Tovar P.

    1~14日齢の小馬を用いて, 血漿中のK, Na及びCaイオン濃度とECG変動との相関性を調べた所, 1日齢の新生子にのみ有意な相関性が認められた. PQ部分とR波の幅は血漿のNa及びCaイオン濃度との間に各々正の相関が認められた. T波の振幅は, 血漿Kイオン濃度との間に負の相関を示した. 更に, QT及びST間隔の変動は, 血漿のNaとK濃度との間に各々正の相関を示すことから説明しうる.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(2), 257-263, 1990

    J-STAGE

ページトップへ